メディア発祥から掘り下げリテラシーを根幹から高めよう

メディアと言われると
何を思い浮かべるでしょうか?

新聞や雑誌やテレビだったり、

パソコンやスマホから見る
Webサイトだったり、

街中で見かける看板や駅やビルの広告など
媒体を思い浮かべたり、

あるいは、マスメディア、
テレビ局、広告代理店など
働く人を思い浮かべるかもしれません

メディアと言うのはとても
幅が広い概念ですね。

何事もそうですが、物事というのは
徹底的に突き詰めて考え、
本質を射抜いてこそ真の理解に至ります。

真の理解ができていないと応用は
効きません。

ただただ大量の情報に流されて、
隣の芝生は青く見えるを繰り返し
年老いていくだけになります。

そうならないためにも、
メディアの本質を突き詰め、
メディアリテラシーを高めるのが大事です

 

メディアの由来は?

 

そもそもメディアの由来は
何なのでしょうか?

英語では media は
実は複数形です。

単数形は、

medium(ミディアム)

なんです。
鉄板焼き屋さんでステーキを注文するとき、
焼き加減について

店員「レア、ミディアム、ウェルダンのどれにしますか?」

あなた「ミディアムで!」

というときに使うミディアムなんです。

この例からもわかるように、
ミディアムは中央、中間といった意味が
あります。

ここから転じて、

人と人を媒介するもの=メディア

という言葉が使われ始めたそうです。

 

メディアの発祥はいつ?

 

メディアという単語が生まれた由来は
わかりました。

ではそんなメディアと言う単語が
誕生する以前は、人と人をつなぐ
情報伝達をするものは何だったのか?

インターネットが一般家庭に
普及するつい20年ほど前は、郵便や電報、
電話などで情報交換していました。

もっと歴史を遡ると、紙やペンが
存在しなかった時代もあります。

そんな時代はどうやって
情報をやりとりしていたのでしょう?

メディアの原型は紀元前3500年
ほど前にさかのぼります。

世界史上はメソポタミア文明の
初期とされる時代。

この時代になると、帝国が誕生し、
国が多くの人を管理する必要がでてきます。

ある国民は税金を納めたのか?

未納者は誰で、いくら未納なのか?

などをきちっと管理することが
求められてきました。

古来より人間は自分の頭に情報を記憶
し続けてきたわけですが、国民の数が
何百人、何千人と増えると記憶には
限界があります。

そこで、メソポタミアの文明人とされる
シュメール人という人たちは、
粘土板に情報を記録することを思いつきました。

このような粘土板に書かれた文字に
業務連絡が書かれたのが最初だと
言われています。

29086

37か月

大麦

クシム

これが何を意味するかは
解明されていません。

合計2万9086単位の大麦を37か月分
受領した クシム(署名)

などの受領証ではないかとも言われています。

当時の王族で国民を管理するために使われた、
最古のメディア(記録媒体)なのですね。

 

まとめ

 

このようにメディアの本質的な役割は
誰かと誰かをつなぐためです。

記録する媒体は、紙でもWebサイトでも
ポストイットでも構いません。

誰かに情報を伝える

のがメディアの役割。

ひと昔前は、新聞や雑誌、映像を使う
情報発信はとんでもなくハードルが高かった。

一部の資本力を持つマスメディア企業
だけが電波や出版社や映像機材などを
駆使することができました。

でも今の時代は違います。

極端な話、スマホさえあれば
誰でも情報発信をすることができます。

文字情報だけでなく、
スマホで撮影した動画も簡単に
YouTubeにアップロードできます。

そして今後はどうなっていくのか
というと、ますますこの傾向は
加速します。

なぜなら、テクノロジーが進歩し、
もっとメディアが使いやすくなるからです。

例えば、
今は10分の動画をYouTubeにアップロード
するのに3分かかっていたとします。

でも10年後には10分の動画のアップロード
が3秒とかからないほど、通信技術が
進歩している可能性が高いです。

そのため、今まったくメディアを使う
情報発信をしていなくとも遅くありません。

これからくる個人メディア氾濫時代
備えて今のうちからメディアリテラシー
を高めておきませんか?

初心者向きアフィリエイト講座

世の中には申請すればお金がもらえる仕組みがたくさんあります。

失業給付金、出産育児一時金、児童手当、医療費助成制度、高額療養費制度など。

これらと同様、一般にはあまり知られていないネットで申請するだけで稼げる即金アフィリエイトノウハウをお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です