仕事が「激務」と評判の企業のランキング

top20151123決して手を抜いているわけでもなく、能力が不足しているわけでもない。

ただただ、企業や上司から押し付けられる仕事やノルマが多くて、就業時間内である8時間以内には物理的に終わらない。

毎日終電やタクシー帰りで帰宅は午前様・・・翌朝は疲労困憊の体にムチ打って満員電車に無理やり体を押し込める・・・

「こんな生活オカシイ!何かが間違っている!」

と思うも、現実は一向に変わらない。

守るべき家族や、生活費を稼ぐため、歯を食いしばって、我慢して会社に出勤する毎日・・・

こんな「激務」に耐えている人は今の日本社会にかなりの人数がいると思います。

「激務」に耐えている人の、業界・職種などを調べてみました。

「激務」とは何か?

「激務」な会社はイヤだ、部下を10数人抱える「激務」な管理職になりたくない、
などと「激務」という言葉を何気なく使っています。

そもそも、「激務」の定義は何なのでしょうか。

広義には(一般的には)、労働時間が長く、休日がとりにくいことを指します。

他の解釈としては、労働時間が短くとも、責任が非常に重く、胃がキリキリ締め付けられるようなプレッシャーと常に闘い続ける仕事も「激務」と言えるでしょう。

立ち仕事とデスクワークであれば、体力的には立ち仕事の方がキツイでしょうが、デスクワークも精神的にキツいし腰痛・肩痛などにも悩まされたりします。

「残業時間が多い」「休日が少ない」業界・職種は?

このように「激務」というキーワードの解釈はさまざまなので、一意に定義することは難しいのですが、
ここでは、一般的な解釈として「激務」とは「残業時間が多い」「休日が少ない」企業のことを指すことにします。

まず、最も「残業時間が多い」業界について調査したところ、 就職や転職情報などを扱うVorkers(ボーカーズ)から以下のようなレポートが発表されています。

残業多い20151123 出典:Vorkers 業界

「残業時間が多い」職種については以下のレポートです。

残業多い職種20151123 出典:Vorkers

2つのランキングに共通するのは、業界・職種が連動した結果になっている傾向があるということです。

一般的に「残業が多い」基準とは何かあるのでしょうか?

通称、36(サブロク)協定と言われている労働基準法第36条で1日8時間の法廷労働時間以上に
労働時間を延長できる限度として、以下のように定められています。

厚生労働省出典:厚生労働省

要は、1ヶ月で45時間を超える残業があると「残業が多い」ということになります。

「激務」に耐えている人はどうすればいいか?

このような「激務」で1ヶ月に45時間以上(1月20営業日換算で、1営業日当たり2時間15分の残業)をしている人は、
今の生活をよりよくするために何をすればよいのでしょうか。

(1)残業時間を減らす

一般的に、残業時間が多い人の傾向として、何もかも全部やる完璧主義な人が多い傾向にあります。

例えば、1冊のビジネス書があったら、1ページ目から最後のあとがきまで全部読まないと気が済まない人です。

すべての仕事を何でもかんでも、最高の品質で仕上げるのは、現実的に無理です。

自分自身が絶対にやるべきことに集中し、最高の品質で仕上げる。

それ以外はの仕事は、人に依頼するなり、社内プレゼン資料などは品質を多少落とすのもよしと割り切ることも大事です。

(2)仕事を辞める

どうしても体がツライ。

過労で倒れそうだ。

新しい仕事をしたくても、転職活動をする時間がない。

という方は、体を酷使して倒れてしまう前に、思い切って現職を辞めてしまってはいかがでしょうか。

一定の条件を満たせば、会社員から退職を申し出ても、「自己都合退職」にならず、「会社都合退職」になり、
会社を退職して7営業日後から、失業保険がもらえます。

一番、証拠をそろえやすいのが以下の条件です。

証拠出典:ハローワークインターネットサービス

要は、月45時間の残業が3ヶ月連続、1ヶ月で100時間以上、連続する2か月で1ヶ月80時間超、
のいずれかに当てはまると自ら退職届を出しても「会社都合退職」で辞められるということ。

関連情報:特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要

他にも諸条件あるのですが、大事なのは辞める前に必ずハローワークに相談しに行き、「会社都合退職」で辞めるための証拠について必要十分であるか確認してもらうことです。

(3)仕事を変える

今の仕事は自分には合わないと割り切って、他の仕事を探しましょう。

スポーツ・ヘルス・健康関連の業種であれば、業界イメージから比較的「残業時間が少ない」傾向にあります。

また、職種であれば内勤の事務職などが、比較的「残業時間が少ない」でしょう。

ただ、「残業時間が少ない」仕事というのは、高度なスキルや経験が必要でない仕事が多いため、今後コンピューターやロボットに仕事をとられる可能性が高いです。

今後10数年で、企業が必要とする従業員数はどんどん減少していき、コンピューターやロボットが人の代わりに働くことができるためです。

そのため、今後10数年を生き抜くためには、企業に雇われ、コンピューターやロボットに奪われるレベルの仕事ではなく、人間にしかできないクリエイティブな専門性の高いスキル・経験が要求されます。

私はインターネットを活用して、個人で稼ぐ仕事をしています。

毎日1時間でも継続して時間を割くことができれば、必ず結果がでるビジネスモデルです。

もしご興味あればメルマガをご購読していただけますと嬉しいです。

初心者向きアフィリエイト講座

世の中には申請すればお金がもらえる仕組みがたくさんあります。

失業給付金、出産育児一時金、児童手当、医療費助成制度、高額療養費制度など。

これらと同様、一般にはあまり知られていないネットで申請するだけで稼げる即金アフィリエイトノウハウをお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です