シンプルに考え秒速で結果を出すための3か条

20160901-topなぜあの人はダントツで仕事が速いのだろうか?

同じ会社で同じ部署なのにどうしてあの人と俺はこんなにも仕事のスピードが違うのだろうか?

そのように疑問に感じたことは誰しも一度はあるはずだと思います。

僕もかつて新入社員だったころは、毎朝早く出社して、終電までやっても終わらず、会社に泊まって死ぬほど頑張っても、一向に仕事が速くならず、いつも上司やお客さんに怒られてばかりでした。

今だからこそ言えるのですが、新入社員当初の僕は、仕事を速く終わらせるためのテクニックや方法論にこだわり、肝心の基礎の基礎ともいえることを見逃していました。

仕事を速く終わらせる抑えることは3つだけです。

思いつくことを書きだす

やることを絞り込む

フルアクセルでやり切る

 

順番に解説していきます。

 

思いつくことを書きだす

 

人間頭の中で考えられる量は限られています。

手を動かさず、腕組みをして、頭の中で考えをまとめようにも、思考がループしたり、発散したりと、パニック状態になってしまいます。

そのため、面倒でも考え事の途中ではメモをとるようにしましょう。

人に見せるわけではないので、A4のコピー用紙や、パソコンのメモ帳などにメモ書き、走り書きをするだけでいいです。

順番も漢字が間違っていても何でもいいのでとにかく頭の中にため込まずに、書いてください。

 

やることを絞り込む

 

あれこれ手を付けても絶対に結果は出ないです。

例えば、「一年の計は元旦にあり」とはよく言いますが、元旦に目標を100個立てて、今年は全部やり切ろうとかは絶対に辞めてください。

どれもこれも中途半端に終わってしまうのはやる前から明らかでしょう。

同様に、期間が1年であろうと、1カ月であろうと、1週間、1日、1つの資料作成であろうと、とことんまでやることを絞り込むことが重要です。

A4の紙やメモ帳やExcelなど何でもいいですが、書きだした結果を見ながら、優先順位をつけていきましょう。

頭の中で考えていては、比較しずらいですが、一度可視化した状態であると、冷静に優劣つけることができます。

 

フルアクセルでやり切る

 

一度、やることを絞り込んだら、決して振り返らず一気に集中してやり切ってしまいましょう。

時間をかければよいものができる

というのは嘘っぱちです。

普通の人なら1日かかる仕事なら、俺は半日でやってやろう!

と少し背伸びをしてみましょう。

このように少し無理めな、でも100%無理ではなく、頑張ればできるぐらいに目標を設定したら、あとはアクセルべた踏みでどんどん進みましょう。

常に最高速トップスピード状態で、1ミリでも足を緩めず、アクセル全開で、車のメーターは常にレッドゾーンに行っているイメージです。

僕は、学生時代に実家で猟犬(紀州犬)を飼っていたのですが、猟犬は一度獲物(イノシシ)を見つけると、猪突猛進に向かっていきます。

イノシシにぶつかったら殺られるという恐怖心さえ麻痺してしまうくらいのトップスピードで、イノシシの後ろ足やももなど弱い部分に噛みつきます。

そして、一度イノシシが弱ってしまったら、ガブリと噛みつき、相手が息絶えるまで決して離しません。

まさにフルアクセル状態でイノシシという獲物をやっつけていました。

 

最後に

 

このように仕事が速い人の思考は実にシンプルです。

これとこれとこれをやれば結果が出る

というのが明確なので、余計なことに手を出しません。

結果秒速で仕事が片付き次々に実績を上げ続けるのです。

僕のメルマガでは、シンプルに考えることを習慣化させ、誰よりも圧倒的に速いスピードで個人で稼ぐ方法を教えています。

ご興味のある方はこちらより登録ください。

初心者向きアフィリエイト講座

世の中には申請すればお金がもらえる仕組みがたくさんあります。

失業給付金、出産育児一時金、児童手当、医療費助成制度、高額療養費制度など。

これらと同様、一般にはあまり知られていないネットで申請するだけで稼げる即金アフィリエイトノウハウをお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です